CFD

CFDでリピート系売買を行う方法

 

FXではリピート系の自動売買がわりと知られるようになっていると思います。
今回はCFDのリピート系について見ていきます。

CFDのリピート系はFXのリピート系のイメージと一緒です。下がったら買って、上がったら売るを繰り返します。

 

CFDはFXと同じようなものと考えていただければと思います。FXは外国為替でCFDはそれ以外の株式等の取引です。

CFDはくりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDに分かれます。

  • クリック株365は以下を取り扱っています
株価指標説明
日経225日本を代表とする株価指数。東京証券取引所第一部に上場している代表的な225銘柄にて構成されている。
NYダウアメリカを代表とする株価指数。アメリカのさまざまな業種の代表的な30銘柄にて構成されている。
DAXドイツを代表とする株価指数。フランクフルト証券取引所に上場している代表的な30銘柄にて構成されている。
FTSE100イギリスを代表とする株価指数。ロンドン証券取引所に上場する銘柄のうち時価総額上位100銘柄にて構成されている。

 

  • 店頭CFDは上記に加え、株価指数以外に、商品、外国株等さまざまな銘柄を取り扱っています。

今回は両CFDで扱っている商品である日経225をメインに見ていきます。

ポイント

  • 現在GMOクリック証券にてCFDの手動リピート系をしています

 

CFDでリピート系売買をする方法

FXと同様、CFDでもリピート系の自動売買サービスを提供する会社があります。
また、FXと同じように手動で行うことも可能です。

 

CFDリピート系(自動)

自動でCFDリピート系できるサービスを比較します。(日経225を対象とします)

同じくりっく株365を使用しているため手数料等に違いはほとんどありません。

 

サービス名[会社名]手数料(片道)スプレッド取引単位(1枚あたり)必要証拠金(2019/8/26週)
ループ株365
[ひまわり証券]
296円
(投資助言報酬を含む)
6株価指数の数値×100円49,180 円
トラリピ
[マネースクエア]
298円6株価指数の数値×100円49,180 円

 

  • CFDの自動売買をする場合、往復の取引で1200円ほどかかります
  • 1枚購入すると200万円分の取引が可能です(※1)
  • レバレッジは40倍(※1: (2万x100)/49180)程です

(※1)日経225が2万円とした場合

 

CFDリピート系(手動)

CFDの取引を手動で行います。CFDの取り扱いがある会社が対象です。

この中で、私はGMOクリック証券にて手動でCFDリピートをしています

 

会社名手数料(片道)スプレッド取引単位(1枚あたり)必要証拠金
GMOクリック証券0円3株価指数の数値×10円株価指数の数値 (2万円 ※2)
サクソバンク証券0円12株価指数の数値×1円株価指数の数値/10 (2千円 ※2)
DMM CFD0円7株価指数の数値×10円株価指数の数値 (2万円 ※2)
IG証券0円7-30株価指数の数値×100円株価指数の数値x10 (20万円 ※2)

(※2)日経225が2万円とした場合

取引単位の少ないサクソバンク証券は魅力的です。しかし若干スプレッドが広いです(実質はもう少し狭いようです)

 

必要資金

 

やはり一番気にしないといけないのがロスカットです。ロスカットしなければ勝ちです(株価は高値を更新する前提ですが)

ひまわり証券のループ株365の必要資金はこちらに目安が載っています。
マネースクエアのトラリピはこちらで運用資産を計算できます。

ひまわり証券もマネースクエアもくりっく株365を使用しているため必要資金に差はほとんどありません。

 

以下の条件で必要資金を求めてみます。

  • 一番上の購入金額を1年前につけた高値24,000円とする
  • 一番下の購入金額を50%の下落率と想定し12,000円とする
  • 購入値幅を200円とする

 

GMOクリック証券とくりっく株365では1枚あたりの取引単位が異なります。(GMOクリック証券:くりっく株365 = 1:10)
そのため、くりっく株365の方が多く資金を用意する必要があります。

実際、ここまで下がった場合さらに下がるかも?と思って+αの資金が必要になると思います。

 

会社必要証拠金損益必要資金(合計)
GMOクリック証券1,098,000-3,660,0004,758,000
くりっく株3654,209,000-36,600,00040,809,000

 

 

※必要証拠金はひまわり証券のループ株365の必要資金に記載されていた「必要証拠金は69,000円固定で換算」にて求めています。

 

どこまでリスクを取るかは人それぞれだと思います。取引する会社で手数料、証拠金等異なってきます。
ここは各自どこの会社で行い、必要資金はいくらかを決めてから取引しましょう。

 

私としてはくりっく株365だと必要資金が足りないと判断しGMOクリック証券にて手動でリピート系をしています。

あと、くりっく株365は新しく生まれ変わるようなので、リピート系にどのような影響があるか見守りたいと思います。(今はHP見たところ特に記載は見つけられませんでした)

 

最初から必要資金をすべて証券会社に入れておく必要はないと思います。しかし、必要になった時に追加できるお金を残しておかないと私は不安になってしまいます 😥

 

 

-CFD
-

© 2020 40代サラリーマンがセミリタイアを目指す